BIOGRAPHY

2017年、沖縄で結成されたHARAKIRI ZOMBIE。
「切腹したが死に切れずゾンビ化した武芸者達が痛みを忘れるために四六時中酒を飲み、スローなメタルをプレイしている」という衝撃のコンセプトのもと活動を開始。
幾度かのメンバーチェンジを経てマサゾンビ(Vo./G)ハルゾンビ(B.)ニッタゾンビ(Dr.)という最強の布陣でライブ活動を開始したのが2019年の12月。

音楽的にはブルージーでグルーヴィ、そしてサザンロックのテイストを含んだスタイルを完成。
マサゾンビのサザンロック香るボーカル、重厚だがキャッチーなギターリフとブルージーなソロ、ハルゾンビの激重にして自在にうねるベース、ニッタゾンビのグルーヴィかつ緻密なドラム、それらの要素が絶妙に絡み合いゾンビも踊り出すようなご機嫌なロックはメタルマニアのみならず一般の音楽ファンからも幅広くそして熱い支持を得ている。

「死と再生」を「酒」に絡めて表現している日本語の歌詞もバンドのコンセプトに則りながらも終始「愛」を感じさせるものになっていて、こちらも共感を得ている所。

2020年3月にはこのメンバーでのライブ5本目にしてワンマンを成功させいよいよ意気軒昂。
同年4月にはアルバムのレコーディングを敢行し6月6日にリリースの予定!

「会いに行けるゾンビ」が合言葉という彼らからますます目が離せない。


文:六弦堂
 

© 2020 by HARAKIRI ZOMBIE. Proudly created with Wix.com